© 2023 by JANE BANKS PHOTOGRAPHER. Proudly created with Wix.com
 

photo gallery / 風の匂い The Scent in the wind

竹内空豆という名の舞踏家がいる。

彼の舞踏はとても伝わりやすい。すべての動きが言語化できるんじゃないかと思えるくらいにすうっとひとの心の深い処に入ってくる。

もともと舞台で演じる人間だった。でも、何だろう、何か違う。そう思いカメラを手にし写真を撮り出したこともあった。しかし。

四十九歳の夏、突如として「俺は踊りたい」という想いがマグマのように湧き出してきた。踊らずにはいられなかった。もちろん最初から体が動いたわけではない。しかし、「踊りだ」という想いは微動だにせず。だから一心不乱に踊り始めた。

そうして今年、五十五になる。

 

私が彼とコラボレーションしようと思ったのは、野外写真展示会をした折に彼の舞踏を見たことがきっかけだった。その踊りは降りだした雨の中きらきらと輝いて見えた。これで終わりにしたくないな、と思った。だから彼に声をかけた。

残念ながら閉ざされた空間=舞台での彼の舞踏を、私はまだ見たことがない。正直に言うと、閉ざされた空間での彼の舞踏を見たいとは思わない私がいる。

 

一言で言うと、彼の舞踏は風だ。そこに巻き起こる一陣の風だ。

風(彼)はどこからともなくやってきて、そこにいる者たちに否応なく触れ、そしてまたどこへともなく去ってゆく。

去ってしまった後に残るのは、その風の感触だ。ちくりとする感触もあれば甘やかな感触もある。虚しい感触もあれば懐かしい感触もある。そういった何かしらを、私たちは、彼の踊りによって思い出させられる。そして思うのだ、ああ、そこにそんなものが確かにあった、と。

彼の踊りはだから、世界と一体だ。決して異物にはならない。どこまでも溶け込んでいる。だからこそ私は、彼の踊りは地べたで見たいと思ってしまう。

 

これからもまだ、彼とのコラボレーションは続くのかもしれないし、終わるのかもしれない。わからない。すべてはなるがまま。あるがまま。私も彼も、この世界の一部であり、だからこそ、世界をどこまでも愛し、呼吸する。


---

There is this dancer, his name is Soramame Takeuchi.

His dance is easy to convey. So much that it almost seems as if you could put all his movements into words. Like simple words they strike a cord deep within one’s heart.

Soramame was a theatre actor. Not sure what it was, but something felt different. With my camera, I decided to find out.

One Summer, when Soramame turned 49, he suddenly felt this urge to dance, like lava flowing out of a volcano, he just couldn’t control it. He didn’t suddenly become a dancer of course, but he felt so strongly that it was what he was born to be. And with no doubt in his mind he just kept on dancing.

 

Soramame and I met at photo exhibition he danced. There he was shining in the rain. I didn’t want to just let it go so I decided to say hi.

I have yet to see him dance on stage. And I am not sure if I want to, I can’t imagine ever seeing him in an enclosed space.

 

If I had to sum up his dance in one word, it would be like “wind”. Wind is funny thing, it’s so ubiquitous in the sense that everyone knows what it is, but at the same time everyone sees and feels differently.

Wind not from any particular direction, wind that touches people nearby and they move on.

And it is that feeling, that scent now lives within me.

When it’s gone, there is this scent in the air. It sometimes tickles and it sometimes leaves a feeling of emptiness, of nostalgia. That’s what his dance reminds me of. Feelings left behind.

In that sense his dance is part of this world we live in. Not something made. It dissolves into us, and it kinds of make me want to see it with my feet on the ground.

 

We might do more together, or we might not. No one is to know. What will be will be. Him and I, both part of this world. One more reason to love, to breath.